【矢津田義則(矢津田陶房)】花弁紋四方板皿_益子焼(現代陶芸)

出品者:矢津田陶房SKU: d088-01-102-20AU

作品について

器の表には四方、縁に 器の裏面は、全面に 花弁文、彩文、波光文などを組み合わせて 描いています。

おススメの使い方

表面内側は、窯焚きの最後に薪で強還元をかけて渋い銀色の仕上がりになっています。野菜のグリーン、トマトの赤等が映え美味しく見えると思います。 かなり大きな板皿です。普段からテーブルやカウンターに出して果物をのせたり、 皿立てを使い、飾り置物として。

お取り扱いのポイント

焼成温度1300度、硬く焼き締まって、吸水性が低いのが特徴です。 洗って後、乾燥が早く、カビが生えるようなことも無く、使い始めにも特別な手入れの必要は、ありません。 彩泥による模様部分も同じく本焼きしています。洗っても色落ちするようなことは、ありません。

仕様

サイズ

横約43.4cm 縦約31.5cm 高さ3cm

重量

2180g

作家・窯元名

矢津田義則(矢津田陶房)

陶器市 出店スペース

夢HIROBA

第2回 益子WEB陶器市は終了いたしました

  • 第2回 益子WEB陶器市で お買い求めいただいた作品は、2020年11月12日より順次発送いたします。
  • お手元にお届けするまでに最長で1か月ほどかかる場合がございます。
    お待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。
  • 写真は見本であり、お届けする作品は全くの同一品ではない場合がございます。
  • 手仕事品ならではの作品一つ一つが持つ味わいや個性を是非お楽しみください。
  • お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換は原則、お受けしておりません。
  • 他のご注文との同梱をご希望の方は、全てのご注文を完了後、こちらのフォームよりご連絡ください。
   
  

関連作品

最近チェックした作品