【岩見晋介】塩釉ボトル2(益子)

出品者:岩見晋介SKU: d054-01-07-20AU

作品について

塩釉とは釉薬を掛けずに窯詰をして、1260度くらいの温度域に達したときに塩を投入する技法です。投入された塩は高温によって塩素とナトリウムに分離。塩素はガスとなって煙突から外へ、ナトリウムは器の表面に付着しガラス化して釉薬となります。もともとはドイツの技法で、日本では益子の人間国宝濱田庄司が初めて導入したため、益子にはいまでも塩窯を焼く作家がいます。私の場合はいつも滞在させてもらっている、塩窯を焼くデンマークの友人から焼き方を教わりました。一度気化して付着するために生じるゆず肌のような表情がとても気に入っています。

おススメの使い方

ワインや水を入れて会食時のデキャンタとして使うと、パーティーのテーブルがぐっと華やかになります。花を活けてもいいですね。使わないときにはインテリアの一つとして、お部屋に飾っていただいても雰囲気があります。使い方はアイデア次第。楽しんでお使いください。

お取り扱いのポイント

ボトル状の作品ですので、ご使用後は速やかに水、湯などですすぎ、十分に乾かしてからおしまいになるようお願いします。

仕様

サイズ

縦120mm×横120mm×高285mm

重量

約1050g

作家・窯元名

岩見晋介

陶器市 出店スペース

かまぐれの丘

第2回 益子WEB陶器市は終了いたしました

  • 第2回 益子WEB陶器市で お買い求めいただいた作品は、2020年11月12日より順次発送いたします。
  • お手元にお届けするまでに最長で1か月ほどかかる場合がございます。
    お待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。
  • 写真は見本であり、お届けする作品は全くの同一品ではない場合がございます。
  • 手仕事品ならではの作品一つ一つが持つ味わいや個性を是非お楽しみください。
  • お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換は原則、お受けしておりません。
  • 他のご注文との同梱をご希望の方は、全てのご注文を完了後、こちらのフォームよりご連絡ください。
   
  

関連作品

最近チェックした作品