【金井塚 淳一】灰釉鉄絵平茶碗_益子焼

金井塚淳一SKU: d030-01-03-21SP

この作品は、第3回益子WEB陶器市(2021年春)の出品作品です。現在は販売しておりません。

作品について

春を待つ思いをのせて、冬空にひっそりと咲く花を描いてみました。また、ゆったりとした空間を醸し出すため、内側には灰釉をたっぷりと施し、外側には、鉄絵が少しでも見えるように薄く釉を掛けております。白色と薄青鼠色のコントラストがきれいです。※お使いのモニターによって色の見え方が異なることがあります。器の内側は水色に近い白色、外側はグレーに近い肌色です。また、絵柄は暗茶色で描いております。

おススメの使い方

内側の白色と抹茶を入れた時の鮮やかな緑色のコントラストが美しいです。また、季節の惣菜を入れる小鉢や向付(むこうづけ)としても御使用できます。なお、スープなどを入れてもとても美味しく頂けます。


留意点

色の濃い飲み物を器に入れた状態で、そのまま長時間放置されますと色移りする場合がございます。なお、汚れが器にしみこむことを防ぐため、使い初めには鍋に入れて器がかぶるくらいの米のとぎ汁または水を入れて10分程度煮沸し、湯が冷めるまでそのままにして、水洗いして自然乾燥させます。食洗機も使用可能ですが、ご使用後は一個ずつ丁寧に洗い、熱湯に通して自然乾燥させるのがいちばんです。


仕様

サイズ(mm)

手づくりのため、5mm程度の誤差が生じることがございます。
縦131×横131×高67mm

重量(グラム)

手づくりのため、32g程度の誤差が生じることがございます。
374g

電子レンジ

食洗器利用


作家・窯元名

金井塚 淳一

陶器市 出店スペース

その他・店舗

   
  

関連作品

最近チェックした作品