【藤原 郁三】押し葉皿大 イラボ(菩提樹の葉)_益子焼

有限会社 藤原陶房SKU: d183-01-01-21SP

この作品は、第3回益子WEB陶器市(2021年春)の出品作品です。現在は販売しておりません。

作品について

本物の菩提樹の葉を表面に押し付け、葉の葉脈など細かく自然の模様を写し取った板皿です。ひとつづつ手作業で葉を並べているので、一点一点並び方が違います。イラボ釉薬という、茶系の色の出る釉薬で仕上げています。そのため、一点一点焼き上がりの風合いが異なります。「押葉陶板皿」は、木葉石(化石)を再現、一枚一枚本物の葉を使用しています。

おススメの使い方

お寿司や刺身や和菓子などはもちろん、ケーキなどの洋菓子にも合います。
また、食器としてだけでなく、アクセサリーを置いたり、置物を載せたり、インテリアとしてもお使いいただけます。
やかん等の鍋敷きとしても大活躍です。


留意点

一般的な陶器と同じ扱いで大丈夫です。陶器なので強い衝撃には弱いため、やさしく取り扱いください。
一枚一枚焼き上がりや、葉の配置等、異なり、全く同じものはできないため、写真との差異が多少ありますが、その点ご理解ください。


仕様

サイズ(mm)

約縦200×横200×高30mm
※一点一点多少の誤差あり

重量(グラム)

約926g
※一点一点誤差あり

電子レンジ

不可

食洗器利用

不可

作家・窯元名

藤原 郁三

陶器市 出店スペース

その他・店舗

   
  

関連作品

最近チェックした作品