【矢津田義則】彩文丸皿(中)_益子焼(現代陶芸)

矢津田陶房SKU: d088-01-29-21SP

この作品は、第3回益子WEB陶器市(2021年春)の出品作品です。現在は販売しておりません。

作品について

価格は、1枚のお値段です。 縁に模様を施しています。釉薬下にも模様を入れています。 1枚1枚手作りで、たたら板(板状にした陶土)からフリーハンドで切り出して起こしているので、形状や立ち上がりに差があります。 型起こしのさいにたたら板と型の間にはさむシートによって器肌にできる小さなしわの表情も1枚ごとに違います。 窯焚きの際の窯の中の置いた位置による炎ねあたりかたにより釉薬の発色にも微妙な違いがあります。 また、模様も1枚ごとに違い、同じものはありません。

おススメの使い方

パスタ、カレー、サラダの盛り皿などにいかがでしょうか。


留意点

焼成温度1300度、硬く焼き締まって、吸水性が低く、軽いのが特徴。 洗って後、乾燥が早く、カビが生えるようなことも無く 特別な手入れの必要は、ありません。 彩泥による模様部分も同じく本焼きし、 洗っても色落ちするようなことは、 ありません。


仕様

サイズ(mm)

直径約180mm 高さ約35mm

重量(グラム)

約370g

電子レンジ

食洗器利用


作家・窯元名

矢津田義則

陶器市 出店スペース

夢HIROBA

   
  

関連作品

最近チェックした作品