【勝田 恭司】結晶釉稜花豆皿 白結晶釉_益子焼 磁器土 結晶釉

勝田恭司SKU: d225-01-53-21SP


この作品は、第3回益子WEB陶器市(2021年春)の出品作品です。現在は販売しておりません。

作品について

パール色結晶釉薬の掛かった、稜花皿です。皿ぶちは、花弁の様にカットして、その後スポイトで泥を置いて、凹凸を付けてます。

おススメの使い方

タレ、醬油、薬味等を入れるに最適です。


留意点

結晶釉薬は、一つとして同じ模様は在りません。写真と模様が違うことが在りますが、ご了承ください。
磁器土を使い約1300度の温度で焼いてます。一般の食器と同じ扱いで大丈夫です。(直火はお止め下さい)
もし茶渋等の汚れが付着しましたら、キッチン漂白剤に漬け置きしたら、汚れのみ落ちます。
結晶は一生消えません。


仕様

サイズ(mm)

約) 縦105mm横105mm高さ20mm

重量(グラム)

約)100g

電子レンジ


作家・窯元名

勝田 恭司

陶器市 出店スペース

陶芸メッセ・益子

   
  

関連作品

最近チェックした作品