商品を検索する

勝田恭司

56 作品

基本情報

制作・作陶エリア 陶器の表面に、キラキラと光り輝く「亜鉛化結晶釉薬」を使って製作してます
陶器市出店スペース 陶芸メッセ・益子
公式SNS

略歴

1974 千葉県市川市に生まれる
1991 東京でアパレルメーカー勤務
1999 益子町で大熊敏明氏に師事
2005 ジョイフル本田・陶芸教室 講師
2007 益子町陶芸メッセ・陶芸教室 講師
2013 益子町に築窯

メッセージ

陶器の表面に、キラキラと華が咲く「亜鉛華結晶釉」を使って製作をしています
結晶の模様は、1つとして同じ模様は無く、世界に1つだけの模様になってます
結晶を出すのは非常に難しく、釉薬(うわぐすり)の調合や焼成プログラムで結晶を出します。
最高温度もキープ時間も釉薬の調合によってまちまちで、温度が高かったり、キープ時間が合わないと
結晶が出なかったり、釉薬が流れて失敗作になったりします
自身の求める結晶になるまで、何度も何度も実験を重ねて出来たのが「亜鉛化結晶釉」です
光に当ててみたり、水に付けてみると、結晶がキラキラと輝きを放ちます

 

56 作品の1 - 24を表示しています。
表示

最近チェックした作品